栗原歯科クリニック【KURIHARA DENTAL CLINIC】

048-644-7001

矯正装置の種類 ORTHODONTIC APPLIANCES

マルチブラケット

イメージ画像:マルチブラケット

矯正歯科治療に一番良く使用されているマルチブラケットといわれる装置です。
金属でできている物がメタルブラケット、透明の物がクリアブラケットやセラミックブラケットと呼ばれます。ワイヤーの弾性を用いて歯並びを直します。

セラミックブラケット 金属ブラケット
※ クリック(タッチ)で写真を拡大します

リンガルブラケット

イメージ画像:リンガルブラケット

歯の裏側に装着するため、装置を表に見せずに治療が行える矯正装置です。目立ちにくく、現在は様々な装置も開発され、成人の矯正治療が増えるにつれて需要が高まっています。表に装着するブラケットよりも価格は比較的高く、装置の調整には時間がかかりますが、矯正治療中に結婚式や成人式などの記念となるイベントの時、装置を外すことや、イベントの日程を考えずに治療を行うことができます。

リンガルブラケット装着時(1) リンガルブラケット装着時(2)
※ クリック(タッチ)で写真を拡大します

床(しょう)矯正

イメージ画像:床矯正

床矯正とは、床(しょう)と呼ばれるプレート状の装置を使い、装置についたネジを段階的に絞めていくことで歯列の幅を広げていく方法です。装置は取り外しが可能なので、食事や歯磨きがしやすいのが特徴です。特に顎が成長段階のお子さまの矯正に適しています。

床(しょう)矯正
※ クリック(タッチ)で写真を拡大します

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン、アソアライナー)

イメージ画像:マウスピース型カスタムメイド矯正装置

透明なマウスピースタイプの矯正装置です。
ブラケットやワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。
マウスピースを2週間ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。

※インビザラインやアソアライナー等のマウスピース型カスタムメイド矯正装置完成物は医療機器法対象外であり医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

インビザライン
※ クリック(タッチ)で写真を拡大します

ページの一番上に戻る