栗原歯科クリニック【KURIHARA DENTAL CLINIC】

048-644-7001

治療比較・矯正料金表 PRICE LIST

矯正料金表はこちら

クラウン(前歯)

※ 下記の表は横にスクロールできます。

材質 保険適用 耐久性 審美性 安定性 金額 説明 長所 短所
硬質レジン前装冠(金銀パラジウム合金) × 保険適用 中身は12%金が入った銀色の金銀パラジウム合金で、外から見える部分に少し硬めのプラスチックが貼り付けられている前装冠です。 歯の色に近くきれいです。 レジン部分が減ったり変色したり、金属の一部が見える場合があります。
中身が金属なので、金合金に比べ金属アレルギーになる率が少し高くなります。
ハイブリッドセラミクス前装冠(金銀パラジウム合金/金合金) × 自費 中身は12%金が入った銀色の金銀パラジウム合金または金合金で、外から見える部分に少し硬めのプラスチックにセラミックを混ぜた材料を貼り付けた前装冠です。 天然歯の色に近くきれいです。
変色が少ないです。
硬質レジンより硬く磨り減りにくいです。
中身が金属なので強度が高く殆んどの歯に使用できます。
磨り減ったり変色する場合があります。
金属の一部が見える場合があります。
金銀パラジウム合金の場合は金属アレルギーになる場合が稀にあります。
自費
メタルボンド冠 × 自費 特殊な金属で土台を作り、天然歯の色のセラミックを焼き付けて製作した前装冠です。 天然歯の色と同じできれいです。
変色がありません。
硬く磨り減りにくいです。
中身が金属なので強度が高く、殆んどの歯に使用できます。
歯肉に近い部分に少し不透明感が出ます。
ジルコニア冠 × 自費 ダイヤモンドに近い強度の材料で土台を作り、歯の色のセラミックを焼き付けて製作した冠です。 審美性に優れています。
変色がなく中身が透過しにくいです。
硬く磨り減りにくいです。
割れにくいので殆んどの歯に使用できます。
金属アレルギーがありません。
天然歯より硬い為、周囲の歯やかみ合わせの歯をいためる場合があります。
クラウン(臼歯)

※ 下記の表は横にスクロールできます。

材質 保険適用 耐久性 審美性 安定性 金額 説明 長所 短所
金銀パラジウム合金 × 保険適用 全体に12%金が入った銀色の金銀パラジウム合金で製作した冠です。
※乳歯の場合は既製乳歯冠になります。
金属なので強度が高いです。 材質が硬い為かみ合わせの歯をいためる場合があります。
天然歯の色と異なり、金合金に比べ金属アレルギーになる率が少し高くなります。
金合金 × × 自費 全体が金合金で製作した冠です。 天然歯に近い硬さで、かみ合わせの歯をいためる心配がありません。
金に柔軟性がある為、適合性や耐久性に優れています。
天然歯の色と異なります。
CAD/CAM冠 × 保険適用
(小臼歯のみ)
少し硬めのプラスチックのみで製作した冠です。 歯の色に近くきれいです。 吸水性があり、変色や劣化の原因になることがあります。
強度が低いため磨耗や破折しやすいです。
ハイブリッドセラミクス冠 × 自費 中身は金銀パラジウム合金または金合金で、外から見える部分に少し硬めのプラスチックにセラミックを混ぜた材料を貼り付けた冠です。 天然歯の色に近く、変色が少ないです。
レジンより硬く磨り減りにくいです。
中身が金属なので強度が高く、殆んどの歯に使用できます。
レジン部分が磨り減ったり変色する場合があります。
下の顎の場合は金属の一部が見える場合があります。
自費
メタルボンド冠 × 自費 特殊な金属で土台を作り、天然歯の色のセラミックを焼き付けて製作した冠です。 審美性に優れています。
変色がなく、硬く磨り減りにくいです。
中身が金属なので強度が高く、殆んどの歯に使用できます。
歯肉に近い部分に少し不透明感が出ます。
オーラルセラミック冠/ジルコニア冠 × 自費 硬質のセラミックで製作した土台にセラミックを焼いた冠です。 審美性に優れています。
変色がありません。
硬く磨り減りにくいです。
金属アレルギーがありません。
天然歯より硬い為、周囲の歯やかみ合わせの歯をいためる場合があります。
× 自費 ダイヤモンドに近い強度の材料で土台を作り、歯の色のセラミックを焼き付けて製作した冠です。 審美性に優れています。
変色がなく、硬く磨り減りにくいです。
割れにくいので殆んどの歯に使用できます。
金属アレルギーがありません。
インレー

※ 下記の表は横にスクロールできます。

材質 保険適用 耐久性 審美性 安定性 金額 説明 長所 短所
金銀パラジウム合金 × 保険適用 12%金が入った銀色の金属で製作した充填物です。
※乳歯の場合は銀合金になります。
金属なので強度が高いです。 天然歯の色と異なります。
金合金に比べ金属アレルギーになる率が少し高くなります。
金合金 × × 自費 天然歯の硬さに近づけるため金合金で製作した黄色の金属の充填物です。 天然歯に近い硬さです。
適合性が良い為、むし歯になりにくいです。
天然歯の色と異なります。
ハイブリッドセラミックス × 自費 天然歯の色に近い硬質プラスチックにセラミックの微細粒を混ぜた材料で製作した充填物です。 天然歯の色に近くきれいです。
天然歯に近い硬さで、周囲の歯やかみ合わせの歯をいためる心配がありません。
コンポジットレジンよりは硬く磨り減りにくいです。
金属アレルギーがありません。
長期間使用すると材料自体が少し変色します。
少し磨耗します。
セラミックス × 自費 天然歯の色に近いセラミック製の材質で製作した充填物です。
セラミックのブロックを削りだして製作するものもあります。
天然歯の色に近い光の透過性がありきれいです。
ほとんど変色しません。
硬く磨り減りにくいです。
金属アレルギーがありません。
材質が硬い為、かみ合わせの歯をいためる場合があります。
コンポジットレジン × 保険適用 天然歯の色に近いプラスチックに粉砕したガラスの微細粒が混ざった合成樹脂を使って口腔外で製作した充填物です。
セラミックのブロックを削りだして製作するものもあります。
天然歯の色に近くきれいです。 長期間使用すると材料自体が変色します。
耐摩耗性が悪く磨り減りやすいのでかみ合わせの強い部分には不向きです。
破折が起きやすいです。
アンレー

※ 下記の表は横にスクロールできます。

材質 保険適用 耐久性 審美性 安定性 金額 説明 長所 短所
金銀パラジウム合金 × 保険適用 12%金が入った銀色の金属で製作した充填物です。
※乳歯の場合は銀合金になります。
金属なので強度が高いです。 天然歯の色と異なります。金合金に比べ金属アレルギーになる率が少し高くなります。
金合金 × × 自費 天然歯の硬さに近づけるため金合金で製作した黄色の金属の充填物です。 天然歯に近い硬さです。
適合性が良い為、むし歯になりにくいです。
天然歯の色と異なります。
ハイブリッドセラミックス × 自費 天然歯の色に近い硬質プラスチックにセラミックの微細粒を混ぜた材料で製作した充填物です。 天然歯の色に近くきれいです。
天然歯に近い硬さで、周囲の歯やかみ合わせの歯をいためる心配がありません。
硬く磨り減りにくいです。
金属アレルギーがありません。
長期間使用すると材料自体が少し変色することがあります。
セラミックス × 自費 天然歯の色に近いセラミック製の材質で製作した充填物です。
セラミックのブロックを削りだして製作するものもあります。
天然歯の色に近い光の透過性がありきれいです。
ほとんど変色しません。
硬く磨り減りにくいです。
金属アレルギーがありません。
材質が硬い為、かみ合わせの歯をいためる場合があります。
欠損補綴

※ 下記の表は横にスクロールできます。

材質 保険適用 耐久性 審美性 安定性 金額 説明 長所 短所
ブリッジ × 保険適用 両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する治療法です。 見た目の違和感がありません。
咀咽能率(ものをかみ砕く能力)が比較的高いです。(天然歯の約80%)
土台となる健康な歯を削る必要があるので、土台の歯に負担があります。
土台となる健康な歯がない場合はブリッジが出来ません。
抜けた歯が多い場合はブリッジが出来ません。
自費
義歯 × 保険適用 欠損部分に歯肉と歯が繋ぎ合わさった作り物を入れ、かみ合わせや、審美を回復させる治療法です。
一般的には「クラスプ」と呼ばれる留め金と、人工の歯、歯肉と同じピンク色をした部分で製作されています。
治療が簡単で短期間でできます。
材質ややり方がいろいろあり希望にあわせた形態が選べます。
健康な歯を削る必要がありません。
バネが見えた場合、見た目がよくありません。
食べ物が入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりがちです。
ガタつきがあり違和感を感じる場合が多いです。
顎の骨が痩せる場合が多いです。
かみ心地が悪く、硬いものを食べにくい場合が多いです。
天然歯の60%以下の咀哨能力です。
自費
インプラント × 自費 あごの骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み歯冠のアバットメント(土台)を装着、その上から人エ歯(上部構造補綴物)を被せて欠損部分を回復する治療法です。 見た目の違和感がありません。
違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができます。
健康な歯を削る必要がありません。
咀咽能率(ものをかみ砕く能力)が最も高いです。(天然歯の約90%)
骨の中に埋め込むため手術が必要です。
骨の量が十分でないと、インプラントが出来ない場合があります。
不可逆処置なので途中で方針の変更は出来ません。
歯周病などで歯ぐきが下がっていると見た目の回復が困難な場合があります。
治療後のメインテナンス(定期検診や歯磨きなど)がしっかりと出来ない人には向きません。
支台築造

※ 下記の表は横にスクロールできます。

材質 保険適用 耐久性 審美性 安定性 金額 説明 長所 短所
メタル × 保険適用 銀合金、又は、パラジウム合金で製作した土台です。 ほとんどの症例で使用できます。 冠の形成時、歯肉に金属片が刺さり黒くなる場合があります。
コアを入れた歯が割れてしまう場合があります。
金属アレルギーになる場合が稀にあります。
レジン × 保険適用 レジン(プラスチック)で製作した土台です。 硬すぎないので、歯が割れにくいです。 冠のセメントがなくなると唾液を吸収して軟らかくなる場合があります。
ピンを併用している場合には、再治療が必要になった際、除去が困難な場合があります。
ファイバーコア × 自費 FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることによって、強度を上げた土台です。 天然歯の色と同じ様にきれいでオールセラミック冠をかぶせる際に透けても気になりません。
硬すぎないので、歯が割れにくいです。
レジンより強度は高いですが、かみ合わせの歯や歯の状態によっては使用できない場合があります。
インプラント

※ 下記の表は横にスクロールできます。

材質 保険適用 耐久性 審美性 安定性 金額 説明 長所 短所
ハイブリッドラミックス前装冠(金銀パラジウム合金/金合金) × 自費 中身は12%金が入った銀色の金銀パラジウム合金または金合金で、外から見える部分に少し硬めのプラスチックにセラミックを混ぜた材料を貼り付けた前装冠です。 天然歯の色に近くきれいです。
変色が少ないです。
硬質レジンより硬く磨り減りにくいです。
中身が金属なので強度が高いです。
磨り減ったり変色する場合があります。
金属の一部が見える場合があります。
金銀パラジウム合金の場合は金属アレルギーになる場合が稀にあります。
自費
金合金 × × 自費 全体が金合金で製作した冠です。 天然歯に近い硬さで、周囲の歯やかみ合わせの歯をいためる心配がほとんどありません。
金に柔軟性がある為、適合性に優れています。
天然歯の色と異なります。
メタルボント冠 × 自費 特殊な金属で土台を作り、天然歯の色のセラミックを焼き付けて製作した冠です。 天然歯の色と同じできれいです。
硬く磨り減りにくいです
金属の一部が見える場合があります。
中身が金属なので、金属アレルギーになる場合が稀にあります。
ジルコニア冠 × 自費 ダイヤモンドに近い強度の材料で土台を作り、歯の色のセラミックを焼き付けて製作した冠です。 審美性に優れています。
変色がありません。
硬く磨り減りにくいです。
金属アレルギーがありません。
天然歯より硬い為、周囲の歯やかみ合わせの歯をいためる場合があります。
義歯

※ 下記の表は横にスクロールできます。

材質 保険適用 耐久性 審美性 安定性 金額 説明 長所 短所
レジン床 × × 保険適用 銀色のバネを使ったプラスチック義歯です。 破損時の修理が比較的簡単に出来ます。
保険適用なので安価です。
バネが見える場合があります。
汚れや臭いがつきやすいです。
床が厚い為、装着時に異物感があります。
たわみやすく、こわれやすいです。
バネのへたりが早いです。
熱伝導率が悪いので食べ物の熱が伝わりにくいです。
金属アレルギーになる場合が稀にあります。
レジン床(PGA鉤) × 自費 白金加金合金のバネを使ったプラスチックの義歯です。 金銀パラジウム合金のバネに比べて目立ちにくいです。
バネがへたりにくく外れにくいです。
バネが見える場合があります。
床が厚い為、装着時に異物感があります。
Co-Cr床:コバルトクロム × × 自費 人工歯・歯肉以外の部分を金属床義歯として最も歴史のあるコバルトクロムという素材で製作した義歯です。 バネがへたりにくく外れにくいです。
床の部分が薄く、異物感が少ないです。
金属の為、熱伝導率が良いので食べ物の熱が伝わりやすいです。
バネが見える場合があります。
バネの異物感が少しあります。
金属アレルギーになる場合が稀にあります。
ノンクラスプデンチャー × 自費 床材料と一体成型されるウイング形の維持装置を持った軟らかい特殊なプラスチックで製作した義歯です。 審美性に優れています。
バネが金属でなく、また歯肉縁に沿って作られる為、目立ちにくいです。
材料の性質上、長持ちしにくいです。
材質によっては修理ができない物もあります。
初診・相談 3,000円(税込 3,240円)
検査・診断料 40,000円(税込 43,200円)

※ 下記の表は横にスクロールできます。

矯正料金設定 処置内容 装置種類 価格 税込み
基本矯正料 乳歯混合歯列期矯正治療(第一段階) 300,000円 324,000円
永久歯列本格矯正治療(第二段階) メタルブラケット 600,000円 648,000円
セラミックブラケット 700,000円 756,000円
リンガルブラケット(裏側) 1,000,000円 1,080,000円
ハーフリンガル(上:裏側 下:セラミック) 850,000円 918,000円
インビザライン(取り外し式) 900,000円 972,000円
部分矯正 100,000円~

※ 下記の表は横にスクロールできます。

矯正料金設定 処置内容 価格 税込み
その他 ホワイトワイヤー加算 50,000円 54,000円
動的処置料 5,000円 5,400円
保定処置料 3,000円 3,240円
観察料 3,000円 3,240円
抜歯(必要抜歯) 5,000円 5,400円
歯科矯正用アンカースクリュー(1本) 15,000円 16,200円
装置再作製料 25,000円~

ページの一番上に戻る